FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありえない高騰

【解説】保険:予想外の事故が原因で生じた財産上の損失に備えるために、同じような多数の者がそれぞれの保険料を出し合い、準備した積立金によって不幸な事故が発生した際に規定の保険金を給付する制度なのだ。
よく聞くコトバ、バブル経済(economic bubble)というのは不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産が市場で取引される金額が過度の投機により実経済の成長を超過してなおも高騰を続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの状態を指すのである。
西暦2008年9月15日のことである。アメリカの国内第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが前触れもなく破綻したというニュースが世界中を驚かせた。この経営破たんがその後の世界の金融危機のきっかけとなったので「リーマン・ショック」と名づけたと言う事情なのである。
まさに世紀末の西暦2000年7月、当時の大蔵省よりさらに金融制度の企画立案事務を移管しそれまでの金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁として再編。21世紀となった2001年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
平成20年9月、米国の名門投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻したというニュースが世界中を駆け巡った。このニュースが全世界を巻き込んだ金融危機の引き金になったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたのである。
我々の言う「失われた10年」とは本来、国の経済や一定の地域の経済が約10年程度以上の長い期間に及ぶ不況、併せて停滞に襲われていた10年のことを指す語である。
つまり「金融仲介機能」と「信用創造機能」加えて「決済機能」の3つの重要な機能をあわせて銀行の3大機能と呼び、銀行の本業である「預金」「融資」「為替」加えてその銀行自身の信用によってこそ実現できていることを忘れてはいけない。
確認しておきたい。外貨預金はどんな仕組み?銀行で扱っている外貨建ての資金運用商品の一つ。日本円以外によって預金する商品の事。為替変動によって利益を得られる反面、同じように差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月11日、日本振興銀行(現在の商号は日本振興清算株式会社)が経営破たんしたのです。この件で、史上初となるペイオフが発動することになった。これにより全預金者のなかで3%程度、それでも数千人が、上限額の適用対象になったと思われる。
巷で言われる「重大な違反」なのか違うのかは、監督官庁である金融庁が判断を下す。大方のケースでは、わずかな違反がけっこうあり、それによる効果で、「重大な違反」判断をされてしまうということ。
将来を見据え日本国内のほとんどの銀行は、早くから国際的な市場や取引など金融規制等が強化されることも考慮し、これまで以上の財務体質の強化、それに加えて合併・統合等を含めた組織再編成などに精力的な取り組みが始まっています。
つまりバブル経済(バブル景気・不景気)⇒時価資産(不動産や株式など)が過剰な投機によって実際の経済成長を超過してなおもありえない高騰を続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの状態を指す。
Y2Kともいわれた西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を統合したうえで金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)として改編。翌年の2001年1月、金融再生委員会は廃止され、、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスとは、今までの銀行預金口座と同一金融グループの証券取引口座間において、株式等の取引で発生するお金が両口座で自動的に振替えられる有効なサービスである。同一金融グループによる顧客の囲い込み戦略です。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が破綻(倒産)するのである。こうした事態に、史上初のペイオフが発動することとなり、預金者全体の3%程度、それでも数千人が、上限額適用の対象になったと推計されている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。